The King's speech感想

ブリリアント!



ストーリー
現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッド」のトム・フーパー。第83回米アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞した。(eiga.comより)
 
キャスト:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ、マイケル・ガンボン、ティモシー・スポール、ジェニファー・イーリー

監督・脚本:トム・フーパー
脚本:デビッド・サイドラー
製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン
撮影:ダニー・コーエン
音楽:アレクサンドル・デスプラ  

原題:The King's Speech
製作国:2010年イギリス・オーストラリア合作映画
上映時間:118分


日本全国公開と言われて、全国に含まれていな事にがっかりすることが当たり前な地元でも、アカデミー賞効果(多分)で公開された。見せてくれてありがとう~と思える映画。
英国王室、時代物、演技派俳優陣とくれば、少しくらいはハイブロウなところがあると予想していたけれど、見事に外れた。
ハイエンド娯楽作品。
始まって10分たった頃には、もう笑って泣いてた。
分かりやすい。面白い。心地よい。
分かりやすいのは映画の内容だけでなく、俳優の好演も分かりやすい。
俳優の素晴らしい演技に支えられてなければ、本当につまらない映画になっていたと思う。


やっぱり、コリン・ファース。ジョージ6世(バーティ)役。
f0084527_22445286.jpg

まさに、King。どもろうと、草競馬のメロディで思いを語ろうと、Fワード連呼で鬱積した怒りをぶちまけようと、威厳と品がある。笑いながらも、うなってしまう素敵さ。そのうえ、情がある。
だから、笑いながらも涙が出たりする。
各主演男優賞ぶっちぎりが、本当に当たり前だと思えた。
ヒュー・グラントがこの役をする可能性もあったというニュースを見たけど、コリン・ファースの実直なイメージがぴったりだったと思う。

アカデミー賞主演男優賞受賞スピーチで
f0084527_23112126.jpg

堂々たるドレスアップ。ホレボレしてしまう。
好きな俳優さんなので、嬉しい。

そして、ジェフリー・ラッシュ。ジョージ6世の言語療法士ローグ役。アカデミー助演男優賞候補。
f0084527_23194929.jpg

ちょっとぉ、ちょっと、ちょっとぉ~、この人差し置いて助演男優賞もらったクリスチャン・ベールって、すごくない?と、改めて思った(爆
それほど、この人の好演も分かりやすい。
助演と言うより、主演くらいの出番。クレジットも、コリン・ファースと並んでいた。
この人は、この映画のプロデューサーでもある。
王様という、治療対象としてはやっかいな大物に対して、相手の対場を尊重しながらもおもねることなく、ユニークに真心で対応していく。これもまた素敵なキャラクター。
本物のローグは、こんなハンサムだったらしい。
f0084527_2343647.jpg


ヘレナ・ボナム・カーターも、アカデミー助演女優賞候補だった。
f0084527_2357966.jpg

ティム・バートンの映画は不得意だけど、昔「眺めのいい部屋」は好きだった。久しぶりに普通の人間役を見た。
この人も良き妻、ユーモアがあり親しみやすい良き王妃で、素敵なキャラクター。

ガイ・ピアースも出てた。ジョージ6世の兄エドワード8世役。
f0084527_07133.jpg

王としての義務よりも、離婚歴のあるシンプソン夫人との結婚を選び自我を通した、なかなか自分勝手なキャラクター。シンプソン夫人の言いなりで、「ワインとって来て」と顎で使われ、王としての務めを、kingingとあっさり言ってしまう。まぁ、王様の務めって下々には正直ピンと来ないんだけれども、バーティが務めを果たそうと一生懸命なのと好対照。
この映画で、ジョージ6世&エリザベス王妃のイメージは↑、エドワード8世とシンプソン夫人のイメージは↓
去年のアカデミー作品賞「ハート・ロッカー」にも出演していたガイ・ピアース。そろそろ、いい主演映画が見たい頃^^

ストーリー運びもテンポよく、気持ち良く泣き笑い。全く退屈しない。
その後の第2次世界大戦のことはあまり考えさせない作りになっているので、見終わった後は、ライトな感動が爽やか。





[PR]

by ssSunny | 2011-03-28 21:03 | 好きなもの(映画)